よろず設計

部品を追加せずにタクトスイッチの高さを調整
よろず設計

部品を追加せずにタクトスイッチを押す構造

タクトスイッチは、家電製品で押すと「カチッ」というクリック感があるスイッチで、一番身近なのはマウスのボタンなどで使われています。 テレビやエアコンのリモコンでは、ボタン部分は、シリコンゴムを使った、コンタクトラバースイッチが使われます。 コンタクトラバースイッチは、金型が必要で、クリック感を出すドーム形状の耐久試験も必要なので、完成までに費用と時間が掛かります。 その為、簡単にスイッチの構造を搭載する場合、電子部品のスイッチを買って設置します。 タクトスイッチは、1個あたりの単価は高いですが、形状が小さく使いやすいので、小ロット量産や試作に向いています。 また、基板に直接実装して使用する為、家電製品のスイッチ部分から基板まで離れている場合があります。 その為、ケース部分に可動する形状と高さ調整ボスの形状を追加して、タクトスイッチを押せるような構造にしています。 更に、スイッチ部分は表面に板状の薄いシートを張りますが、シートが防水構造の役割をします。 スイッチ部分の可動構造は、高さ調整ボスの円周方向に長穴形状を作成して可動させます。 成形時にショートやウェルドが発生しない様にし、また部品の耐久性を考慮が必要です。 樹脂のスプリング形状で、製品を操作するタクトスイッチを押します。画面奥のネジ穴の高さで、タクトスイッチとスプリング形状樹脂との隙間を確保。部品を追加せずにタクトスイッチの高さを調整でき、組立も簡単です。

詳しく見る
電源ケーブルの抜け止め構造
よろず設計

電源ケーブルの抜け止め構造

電源ケーブルの抜け止め構造。ケーブルを製品外側から引っ張っても抜けないように設計。ケース下面に2本のリブをたてケーブルを挟む構造とし、さらにケース上面でリブから外れないように押さえる構造としています。 金属製品のプラスチック部品置き換え 部品材料が金属とプラスチックで大きく異なる点は、制約は有りますがプラスチックはどんな形にもできるという点です。 金属加工の場合、切削、板金、溶接など色々な手段で部品加工しますが、プラスチックは成型するだけで複雑な形状が一度に出来ます。 この特性を利用して、金属部品では複雑な加工や他の部品を追加しなければならない場合も、プラスチックでは簡単に出来るので量産している場合はコストダウンになります。 具体的な例をいくつかあげます。 ケース内に電装部品が有り、基板から電源ケーブルが外に出ている場合、そのままでは、外からケーブルを引っ張ると、基板に衝撃が加わり破損します。 この様なケーブルの抜け防止対策として、金属製品の場合は、インシュロックでケーブルを内側から固定したり、抜け防止用の部品を追加しています。 材料をプラスチックに置き換えると、ケース内にケーブルを巻き込ませるリブ形状の追加が可能なので、外からケーブルを引っ張っても、基板まで衝撃が加わらないようになります。 基板をケースに取り付ける時、金属製品の場合は、スペーサ―と呼ばれる部品を使って基板を取り付けいます。 材料をプラスチックに置き換えると、ボスの形状を追加することで、基板を固定する部品が不要となります。 この様にプラスチックの製品設計は、金属の製品設計とは異なった考え方が必要になります。

詳しく見る
センサー
よろず設計

クリップ付きセンサー

市販のクリップを利用してどこにでも取り付けられるセンサー。トレサビリティ用のハードウェアで、センサーに合わせてケースを製作しました。クリップ部は嵌め込み式で簡単に組み立てできます。 試作段階で市販品を利用することで手軽に試作が可能です。

詳しく見る
X/Y軸リニアガイド2
省力化・省人化機器設計

X/Y軸リニアガイド

3Dプリンターなどで使われるモーターでX/Y方向に動作させることが可能な機構モデルです。 リニアガイドを使い、可動部を保持しつつ二個のモーターで動きを制御しています。

詳しく見る